KSEC 独立行政法人国立高等専門学校機構 情報セキュリティ人材育成事業

TOPICS & NEWS

H30.1.25

情報セキュリティ人材育成事業の紹介パンフレットを更新

  • 9/30、事業で実施するイベントや、関係する教員が講義やイベントで利用できるように、事業紹介のパンフレットを作成しました。様々な機会でご利用頂けます。
    なお、パンフレットを利用希望の方は、本サイトのお問い合せ先に「パンフレット利用希望」を連絡して下さい。別途、こちらからご連絡を差し上げます。

    パンフレット(PDF)

H29.12.25-26

石川高専で「情報セキュリティ高度人材育成 冬休み合宿講座」を開催

  • 12/25・26の2日間、全国の国立高専の学生を対象として「情報セキュリティ高度人材育成冬休み合宿講座」が開催された。この合宿講座は2回/年開催されており、今回は4回目の開講となる。
    学生の情報セキュリティに関する知識とスキルの向上を目的として、今回はネットワークセキュリティの分野を対象として、ネットワーク構築の際に発生するトラブルの対策を演習形式で学習した。参加した24名の学生は、LANケーブルの作製やRaspberry Piを用いたネットワーク演習に汗を流した。
    ケーブル作成に初めて取り組む学生もおり「難しいけど楽しい」の声が上がっていた。

H29.11.29-12.1、12.6-7

H29年度の情報系教員対象情報セキュリティ講習を開催

  • 佐世保高専では、H27・H28年度に続き情報セキュリティ講習を開催し、全国の国立高専から情報系教員(各校1名)が受講しました。
    本講習を通して、情報セキュリティ分野の知識や技術を学び、現場での情報セキュリティ関連の授業実施や指導に活かすためのスキルを身につけて頂くことを狙いとしています。外部のセキュリティ企業から講師をお招きし、最新の情報セキュリティ分野の動向から、暗号・コンピュータフォレンジック・インシデント対応まで、幅広く講義と演習を実施しました。

H29.11.14

一関高専で、全国の高専教員を対象に「KIPSトレーナー講習」を開催

  • 24名の国立高専教員が一関高専に集まり、KIPS演習のトレーナー講習を受講した。
    鶴岡・佐藤、石川・小村、木更津・米村の三教員が講師となり、まず、一関高専の学生(電気情報/制御情報の4・5年生)を対象にKIPS演習を行い、その後、見学を終えた教員を対象にトレーナー講習を行った。
    KIPS演習は学生がセキュリティ・インシデントの対応を学習する演習教材として全国の国立高専で利用することが計画されており、参加教員が講師となるべくトレーナー講習を受講した。開催した一関・千田教員は、「この演習を多くの高専で利用して貰いたい」と抱負を語った。

H29.9.30

情報セキュリティ人材育成事業の紹介パンフレットを作成

  • 9/30、事業で実施するイベントや、関係する教員が講義やイベントで利用できるように、事業紹介のパンフレットを作成しました。様々な機会でご利用頂けます。 なお、パンフレットを利用希望の方は、本サイトのお問い合せ先に「パンフレット利用希望」を連絡して下さい。別途、こちらからご連絡を差し上げます。 これに先立ち、9/26の会議で同事業を牽引する拠点校のメンバーにより
    ※「情報セキュリティ人材育成事業」の略称を、K-SECとする
    ※ロゴの決定
    も行われました。

    パンフレット(PDF)

H29.8.30-31

石川高専で「情報セキュリティ高度人材 夏休み合宿講座」を開催

  • 8/30・31の2日間、全国の国立高専の学生を対象として「情報セキュリティ高度人材育成夏休み合宿講座」が開催された。この合宿講座は、学生の情報セキュリティに関する知識とスキルの向上を目的として、昨年から2回/年開催されており、今回は3回目の開講となる。 第1回で「CTF問題にチャレンジしよう」を行ったことに引き続き、今回は「CTF問題を自らの手で作ってみよう」をテーマとして開催した。
    参加した35名の学生は、日頃の学習で得た情報工学の知識を活用し、バイナリ問題、ネットワーク問題、Webサイト問題、そして、暗号問題を作成することにチャレンジした。

H29.8.23

「平成29年度全国高専フォーラム」のWSで情報セキュリティ教材を紹介

  • 8/23、会場となった長岡技術大学でワークセッションが開催され、情報モラル・低学年共通教材・高学年共通教材、そして、分野別教材の4教材について、教材紹介と教育実践の報告が行われた。
    定員を超す70名近くの教員が参加され、一関高専・千田、佐世保・濱田、木更津・大枝の各先生が講師となり、製作した教材の狙いや特徴の紹介に加え、教育実践の報告をされた。各先生のノウハウが盛り込まれており、各教員が自高専で利用し易いように実践上の留意点も多く紹介された。
    併せて、事業と連携している5企業が教材紹介のイベントを行った。

H29.5.12

高知高専において全国の高専教員を対象に「情報セキュリティ教材コンテンツ展示会」を開催

  • 情報セキュリティ人材育成事業では、H28年度までに学生が楽しみながら情報セキュリティを学ぶことができる教材を開発しており、これらの教材を全国の高専教員に紹介する展示会を開催した。 100名を超す参加者に、9社の企業がデモやプレゼンを行い教材を紹介した。また、小山高専の石原教員や木更津高専の学生による研究結果を発表する場も設けられた。
    参加した教員は、「ケースを増やせるか」「準備に要する期間はどのくらい」など熱心に質問しており、見学した高知高専の学生も「これなら楽しく学べそう」と興味津々のようであった。