KSEC 独立行政法人国立高等専門学校機構 情報セキュリティ人材育成事業

TOPICS & NEWS

H30.12.3-5

平成30年度情報教育担当教員向け情報セキュリティ講習会を開催しました

  • 情報セキュリティを教えることができる教員の育成を目的として、平成27年から毎年開催している情報セキュリティ講習会を開催しました。受講対象者を限定せずに希望者を募った今回は、17名の教員が東京に集まり、講習を通して、今後の教育や指導に活かすためのスキルを修得しました。
    今回の講習で受講教員総数は170名以上となりました。情報セキュリティに関する知識を持つ教員の増加は、各高専での情報セキュリティ教育の強化に繋がります。
  • 講習内容
    最新の情報セキュリティ分野の状況
    OSのしくみ
    サービスのしくみ
    アプリケーションセキュリティ
    暗号
    セキュリティ運用の基礎
    コンピュータフォレンジック
    インシデント対応

H31.1.17

「高専における情報教育のあり方に関するアンケート」集計速報について

H31.1.17

平成30年度前期「教材利用状況調査」および「教材に関するアンケート」集計結果

H30.9.1-2

KOSEN セキュリティコンテスト 2018 を開催しました

  • 高専生がこれまで身につけた情報科学の知識やセキュリティ技術を試す場として情報セキュリティ人材育成事業が毎年実施している「KOSEN セキュリティコンテスト」を、今年も福岡市で開催しました。全国から会場に集まった学生と各高専よりリモート参加した学生、合計137名(35チーム)はクイズ形式のCTFに挑み、リアルタイムで更新される経過を意識しながら、集中した時間を過ごしました。
    このコンテストを通して、今後のセキュリティ学習へのモチベーション向上が期待されます。優勝した1チームには 12月23日(日)に開催される SECCON CTF 国内大会への出場権が与えられました。

H30.8.23-24

「K-SECセキュリティサマースクールin岐阜高専」を開催しました

  • 全国高専から情報セキュリティに興味のある学生39名が岐阜高専に集まり、「K-SECセキュリティサマースクールin岐阜高専」を開催しました。参加者は、高専教員または企業の講師による10講座から5講座を選択して受講。講義はPCを使用した技術的な演習だけではなく、紙とペンでのグループワークもあり、情報セキュリティは技術ばかりではないということを学習できる内容でした。
    また、学生向けの講座と並行して、見学や引率の高専教員による、今後の情報セキュリティ教育に関するディスカッションや情報交換のワークショップも行われました。

H30.8.22

全国高専フォーラムにおいてK-SECワークショップを開催しました

H30.8.7

情報セキュリティ人材育成事業の紹介パンフレットを更新

  • 事業で実施するイベントや、関係する教員が講義やイベントで利用できるように、事業紹介のパンフレットを作成しました。様々な機会でご利用頂けます。
    なお、パンフレットを利用希望の方は、本サイトのお問い合せ先に「パンフレット利用希望」を連絡して下さい。別途、こちらからご連絡を差し上げます。

    パンフレット(PDF)

H30.5.10-11

K-SEC 授業見学会を開催しました!

  • 平成30年5月10日、11日、高知高専において、教員向けの授業見学会を開催しました。K-SEC事業で開発した教材を用いた授業のほか、外部講師3名による演習授業が行われ、10高専22名の教員が見学を行いました。
  • K-SEC低学年共通教材を使った授業
  • ロボットカー教材を使った授業
  • IoTについて学習する授業

H30.2.28

K-SECキャラバン講座(H29年度教員むけ)開催の取りまとめ

  • K-SECに参加している拠点校の教員の方々のご協力を頂き、情報セキュリティに関するキャラバン講座として、全国の国立高専を対象に、情報セキュリティ教材の紹介活動を行っています。ここでは、教員向けの講座について紹介します。
    今年度は、全国の国立高専32高専(一部、3月予定を含む)を対象として、教材の紹介に加え、授業での実践事例を紹介してきました。教員の方から、「絵を多用しており分かりやすい教材」との評価を頂きましたが、「より具体的な授業での利用方法を紹介してほしい」や「今後も継続的な更新が必要」などの要望を頂きました。

H30.2.28

K-SECキャラバン講座(H29年度学生向け)開催の取りまとめ

  • K-SECに参加している拠点校の教員の方々のご協力を頂き、情報セキュリティに関するキャラバン講座として、全国の国立高専生を対象に、情報セキュリティ教材を利用した授業実践を行っています。
    今年度が初めての取組みとなっており、「システムの脆弱性体験演習」「KIPS演習」「(著名講師による)BadUSB講習」など10校(一部の予定を含む)で実施しました。参加した学生は、「通常では、経験しづらい演習」に触れ、「より情報セキュリティを勉強したい」との声を頂き、講師教員の励みとなっています。